ジョシュ・ジャンセン氏が久しぶりに来日しました! カレラ

いつもお世話になります。
例によって入荷の限られたワインですので、またまた早い者勝ち販売になってしまい申し訳ありません。

みなさまよーくご存じの「カレラ」のオーナー、ジョシュ・ジャンセン氏が久しぶりに(2002年11月)来日しました。正規輸入元が主催したカレラ・セミナーに参加してきました。

また、麻布十番カリフォルニア・ワイン・ガーデンさんで行われた「カレラ・メーカーズ・ディナー」にも出席してきました。

久しぶりのご対面のお話は後ほど・・・ (秘密のカレラ最新情報もございます・・・)

「カレラ」のお話はこちらからも・・・

http://hwpbc.spaaqs.ne.jp/dietcoke/060217.html

≪ CALERA カレラ ≫

カリフォルニアのロマネ・コンティ」と例えられる「カレラ」です。

オーナーのジョシュ・ジャンセン氏はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティなどでワイン造りを学び、
1971年に帰国し、当時カリフォルニアでは不可能と言われたピノ・ノワールを生産するために、NASAの人工衛星のデータでピノ・ノワールに適した土地を探しました。

フランスでの体験から、ピノ・ノワール造りに一番大切なものは「土壌」であるとジャンセン氏は考えたからです。しかもその土壌は「石灰質」が豊富にある場所でなければなりませんでした。2年の歳月を経て見つけた場所はサンフランシスコの南、サン・ベニート郡のマウント・ハーランでした。カリフォルニアで最も高い、最も冷涼な標高2200フィートの山頂近辺でした。

75年にロマネ・コンティから持ち帰った?と言われる苗木をその土地に植え、DRCの血が流れるジャンセン畑が誕生しました。その後リード畑、セレック畑、ミルズ畑が誕生しました。

「カレラ」の名前はその地にあった石灰岩でできた「」に由来します。

セミナーでテイスティングした、
カレラの2003年エステート

カレラの5つのエステート・ヴィンヤードの最新ヴィンテージ2003年のご紹介です!

「Wine & Spirits (April 2007)」の「year’s best Pinot Noir」において、カレラ・セレックの2003年が94ポイントを獲得し、見事第1位に輝きました!

(第1位は94ポイントで5銘柄、第2位は93ポイントで6銘柄で、カレラ・ジャンセンの2003年も第2位にはいりました)

Calera  Jensen vineyard Mt.Harlan
(1)カレラ ジャンセン・ヴィンヤード マウント・ハーラン

最初の畑は父親にちなんで「ジャンセン」と名づけました
ジャンセン・ヴィンヤードは13,8エーカー
根が到達する地下10mまで非常に地質が複雑
深く濃い色合い ベリーとスパイスの複雑味
自然酵母にて発酵
60ガロンのフレンチ・バレル(30%NEW)にて16ヶ月熟成
MLF100% ノンフィルター
2003年は729ケース(750ml×12本換算)
輸入元定価¥11,550

 

Calera  Reed vineyard Mt.Harlan
(2)カレラ リード・ヴィンヤード マウント・ハーラン

設立の際に投資してくれた、最初のビジネス・パートナー
の「ビル・リード氏」にちなんで・・・2番目の畑
リード・ヴィンヤードは4,4エーカー
腐葉土で覆われた黒い土壌 粘土質
ブルゴーニュを彷彿させる綺麗な味わい
自然酵母にて発酵
60ガロンのフレンチ・バレル(30%NEW)にて16ヶ月熟成
MLF100% ノンフィルター
2003年は296ケース(750ml×12本換算)
輸入元定価¥10,500

 

Calera  Selleck vineyard Mt.Harlan
(3)カレラ セレック・ヴィンヤード マウント・ハーラン

ジャンセン家の友人で、ジョシュ氏をワインの世界に
導いた「ジョージ・セレック氏」にちなんで・・・3番目の畑
セレック・ヴィンヤードは4,8エーカー
砕けた花崗岩が多く、最も石灰岩の多い土壌
コート・ドールに似ていて、潜在能力は№1とも
60ガロンのフレンチ・バレル(30%NEW)にて16ヶ月熟成
MLF100% ノンフィルター
2003年は207ケース(750ml×12本換算)
輸入元定価¥12,600

 

Calera  Mills vineyard Mt.Harlan
(4)カレラ ミルズ・ヴィンヤード マウント・ハーラン

石灰岩の土地を購入する時に世話をしてくれた
「ジョン・ミルズ氏」にちなんで・・・4番目の畑
ミルズ・ヴィンヤードは14,4エーカー
南西向きの斜面 日照時間も一番多い
最も広い畑 しかし収量はジャンセンより少ない
60ガロンのフレンチ・バレル(30%NEW)にて16ヶ月熟成
MLF100% ノンフィルター
2003年は835ケース(750ml×12本換算)
輸入元定価¥8,925

 

Calera  Ryan vineyard Mt.Harlan
(5)カレラ ライアン・ヴィンヤード マウント・ハーラン

2002年ヴィンテージで誕生した、5番目のエステート畑
1979年からカレラでヴィンヤード・マネージャーを務めている
「ジム・ライアン氏」にちなんで・・・
ライアン・ヴィンヤードは13,1エーカー
セレックの西側に位置する畑
ジョシュ氏が認めたポテンシャルたっぷりの新クリマ
60ガロンのフレンチ・バレル(30%NEW)にて16ヶ月熟成
MLF100% ノンフィルター
2003年は769ケース(750ml×12本換算)
輸入元定価¥8,400

 

今回は「ジャンセン」を含むスペシャル・セットで!

(1)2003年エステート5本と2005年セントラル・コースト4本のセット

Calera  Jensen vineyard Pinot Noir Mt.Harlan
★カレラ ジャンセン ピノ・ノワール マウント・ハーラン 2003 1本
Calera  Reed vineyard Pinot Noir Mt.Harlan
★カレラ リード ピノ・ノワール マウント・ハーラン 2003 1本
Calera  Selleck vineyard Pinot Noir Mt.Harlan
★カレラ セレック ピノ・ノワール マウント・ハーラン 2003 1本
Calera  Mills vineyard Pinot Noir Mt.Harlan
★カレラ ミルズ ピノ・ノワール マウント・ハーラン 2003 1本
Calera  Ryan vineyard Pinot Noir Mt.Harlan
★カレラ ライアン ピノ・ノワール マウント・ハーラン 2003 1本
Calera  Pinot Noir Central Coast
★カレラ ピノ・ノワール セントラル・コースト 2005 2本
Calera  Chardonnay Central Coast
★カレラ シャルドネ セントラル・コースト 2005 2本

5番目の畑「ライアン」のセカンド・ヴィンテージを含むエステート5本セットです!
輸入元定価¥67,725のところ、今回のみの特別価格にて¥54,000!

おかげさまで売り切れました・・・

(2)2003年エステート3本と2005年セントラル・コースト4本のセット

Calera  Jensen vineyard Pinot Noir Mt.Harlan
★カレラ ジャンセン ピノ・ノワール マウント・ハーラン 2003 1本
Calera  Mills vineyard Pinot Noir Mt.Harlan
★カレラ ミルズ ピノ・ノワール マウント・ハーラン 2003 1本
Calera  Ryan vineyard Pinot Noir Mt.Harlan
★カレラ ライアン ピノ・ノワール マウント・ハーラン 2003 1本
Calera  Pinot Noir Central Coast
★カレラ ピノ・ノワール セントラル・コースト 2005 2本
Calera  Chardonnay Central Coast
★カレラ シャルドネ セントラル・コースト 2005 2本

5番目の畑「ライアン」のセカンド・ヴィンテージを含むエステート3本セットです!
輸入元定価¥44,625のところ、今回のみの特別価格にて¥35,500!

おかげさまで売り切れました・・・

その他カレラはこちらから・・・

Calera  Ryan vineyard Pinot Noir Mt.Harlan 2003
★カレラ ライアン・ヴィンヤード ピノ・ノワール マウント・ハーラン 2003 ¥7,245

2002年ヴィンテージで誕生した、5番目のエステート畑
1979年からカレラでヴィンヤード・マネージャーを務めている、
「ジム・ライアン氏」にちなんで・・・
ライアン・ヴィンヤードは13,1エーカー
セレックの西側に位置する畑
ジョシュ氏が認めたポテンシャルたっぷりの新クリマ
自然酵母にて発酵
60ガロンのフレンチ・バレル(30%NEW)にて16ヶ月熟成
MLF100% ノンフィルター
2003年は769ケース(750ml×12本換算)
輸入元定価¥8,400

Calera  Mills vineyard Pinot Noir Mt.Harlan 2003
★カレラ ミルズ・ヴィンヤード ピノ・ノワール マウント・ハーラン 2003 ¥7,665
Calera  Mills vineyard Pinot Noir Mt.Harlan 2001
★カレラ ミルズ・ヴィンヤード ピノ・ノワール マウント・ハーラン 2001 ¥6,825

石灰岩の土地を購入する時に世話をしてくれた、
「ジョン・ミルズ氏」にちなんで・・・4番目の畑
ミルズ・ヴィンヤードは14,4エーカー
最も広い畑 しかし収量はジャンセンより少ない
バランスの良さはカレラの中で一番とも・・・
自然酵母にて発酵
60ガロンのフレンチ・バレル(30%NEW)にて16ヶ月熟成
MLF100% ノンフィルター
2003年は835ケース(750ml×12本換算)
輸入元定価¥8,925
2001年は1096ケース(750ml×12本換算)
輸入元定価¥7,875

Calera  Reed vineyard Pinot Noir Mt.Harlan 2000
★カレラ リード・ヴィンヤード ピノ・ノワール マウント・ハーラン 2000 ¥9,030

設立の際に投資してくれた、最初のビジネス・パートナー、
「ビル・リード氏」にちなんで・・・2番目の畑
リード・ヴィンヤードは4,4エーカー
腐葉土で覆われた黒い土壌 粘土質
ブルゴーニュを彷彿させる綺麗な味わい
自然酵母にて発酵
60ガロンのフレンチ・バレル(30%NEW)にて16ヶ月熟成
MLF100% ノンフィルター
2000年は415ケース(750ml×12本換算)
輸入元定価¥10,500

こちらもどうぞ!

Calera  Pinot Noir Central Coast
★カレラ ピノ・ノワール セントラル・コースト 2005 ¥3,780

カレラ設立30周年記念と記された2005年ラベルです!
しかも懐かしい旧ラベルを使用です・・・笑
サンタ・クララ(46%)、サン・ルイ・オビスポ(38%)、
モントレー(16%)からの
選び抜かれた3つの畑のピノ・ノワールをブレンド
自然酵母にて50%ホール・クラスター発酵
フレンチオーク(10%NEW)にて11ヶ月熟成
アーシィーでスパイシーな果実味と樽風味がマッチした味わい
輸入元定価¥4725

Calera  Chardonnay Central Coast
★カレラ シャルドネ セントラル・コースト 2005 ¥2,520

カレラ設立30周年記念と記された2005年ラベルです!
こちらは最新のラベルです!
モントレー(36%)、サンタ・クララ(48%)、そして
サン・ベニートの自社畑マウント・ハーラン(16%)からの
選び抜かれた4つの畑のシャルドネをブレンド
自然酵母にてバレル発酵
フレンチオーク(10%NEW)にて10ヶ月熟成
濃縮感のある、ほんのりと樽風味を持った味わい
輸入元定価¥3150

 

やはりカレラの中ではダントツ人気の「ジャンセン」は日本入荷が非常に少なく、しばらくは単品販売はできそうにありません・・・

金額は全て税込価格です。
クール代は送料とは別途ご請求になります。

カレラ」のオーナー、ジョシュ・ジャンセン氏が久しぶりに(2002年11月)来日しました。10日(火)正規輸入元「ヴィノラム」さんが主催したカレラ・セミナーに参加してきました。

受付を済ませ、会場に入ろうとすると、ジョシュ・ジャンセン氏が会場から出てきました。

こんにちは、ジャンセンさん。私は、2002年のカリフォルニア訪問の時にあなたにお会いしました。サンフランシスコのレストランで一緒に食事をしました。」「おー、そうですか・・・」
その後あなたがオー・ボン・クリマのジム・クレンデネンさんと日本にいらした時もお会いしました。」「おー、そうですか・・・」

世界中のワイン・ラヴァーを相手にする方ですから私のことなんか覚えていなくて当然です。とりあえずまた名刺交換しました。たしかこれで4枚頂戴したような(笑)・・・。ついでに写真もお願いして、ツーショットで記念撮影。ツーショットの写真もたしかこれで4枚(再笑)・・・。

ジョシュ・ジャンセン氏
(でかいです・・・笑)

今回のセミナーのテーマは「カレラ・ワールド マウント・ハーラン・テロワール・セミナー 可能性を秘めて・・・6番目のキュヴェ誕生」です。

やはり「カレラ」の人気は衰えを知らず、このセミナーを申し込んだレストランや販売店は凄い数だったようです。限定50名。なんとか入選しました(笑)。でも、受付番号はなんと「1番」でした。申込み順かぁ?(再笑)・・・。

テイスティングは、5つのエステート・ピノ・ノワールと1つのスペシャル・キュヴェです・・・

マウント・ハーラン・キュヴェ2003ライアン2003ミルズ2003リード2003ジェンセン2003セレック2003

マウント・ハーラン・キュヴェは、ジャンセンライアンその他のエステートのブレンドをブレンドしたものです。以前生産した「メランジェ」の流れをくむピノ・ノワールと考えてよいようです。生産量はフルケースで292ケースです。

ライアンは、2002年がファースト・ヴィンテージとなる、カレラ5番目のエステート・ヴィンヤードのピノ・ノワールです。1998年に入植された、まだ若い畑ですが、ジャンセン氏によると「今までの単一畑のなかで一番ポテンシャルがあるかも・・・」とのことでした。

③から⑥はもうみなさまご存知のピノ・ノワールですね。

そして、今回のセミナーで一番の話題は・・・

ジャンセンとミルズの真ん中に、なんと「カレラ6番目の畑」が誕生しているとのことです!先ほどお話したマウント・ハーラン・キュヴェにはすでにこの6番目の畑の葡萄が入っているとのことです。またまた楽しみが増えましたが、またまた争奪戦になりそうです(笑えない)・・・。

翌11日(水)は、麻布十番カリフォルニア・ワイン・ガーデン(CWG)さんで行われた「カレラ・メーカーズ・ディナー」にも出席してきました。

ここでもジャンセンさんの人気は凄かったですね。みなさんもうジャンセンさんのそばから離れない!って感じ(笑)・・・。

こちらで頂戴したワインは・・・

ヴィオニエ・マウント・ハーラン2005シャルドネ・マウント・ハーラン1999ピノ・ノワール・セントラル・コースト2003 ダブル・マグナムセレック2002ミルズ1996ヴィオニエ・デザート2005

ミルズ1996は美味しかったですね。まだまだ甘美な風味があり、うっとりとする味わいでした。⑥ヴィオニエ・デザート2005は、カレラ初めてのデザート・ワインで、2004年がファースト・ヴィンテージになります。クリオ・エクストラクション(人工的手法)によるアイス・ヴァイン・タイプです。そんなに甘ったるくなく、むしろドライな味わいを持ちます。

ジャンセンさんの通訳&お世話のために、ローレル・グレン(ソノマ)のワインメーカー、レイ・カフマン氏の奥様である恵美子・カフマンさんが一緒に来日していました(カフマンご夫妻にもいろいろとお世話になっている私達夫婦です)。

恵美子さんに「ジャンセンさんて野球とか見るんですかね?」とたずねると、「ジョシュは野球好きよ。ジョシュと私は一緒にジャイアンツ見に行くもの。今日はあのジャージ持ってきてるの?」「はい、持ってきています。」

ジャンセンさんにお別れの挨拶をしながら「恵美子さんから聞きました。ジャンセンさんはジャイアンツのファンなんですね。サインお願いします。」と例のジャージを見せるとジャンセンさんは「なんだこれ!」と大笑い。

ジャンセンさんは、イギリス留学後フランス・ブルゴーニュでワインを学んだ、こんなに美味しいピノ・ノワールを造る人ですから、野球なんてイメージは全くありませんでしたが、聞いてみないとわからないものですね(笑)・・・

例のジャージにまた1つ偉大な方のサインが増えました・・・
(ジャンセンさんのサインはまた後日にお見せします・・・)

 

 

ジョシュ・ジャンセン氏と
恵美子・カフマンさん

 

 

 

 

 


この内容は、アドレスを頂戴した方にHP公開前にメールでお送りしています。
ゆえにHP公開時にはすでに売切れのワインもございます。