ポール・ホッブス氏来日(ポール・ホッブス)

パーカー100点生産者ポール・ホッブス氏が来日しました。本日輸入元が「ポール・ホッブス・ワイナリー」の全ワインをお披露目する特別試飲会を開催しました。

UCデイヴィス時代から注目されていたポール・ホッブスは1978年ロバート・モンダビ・カンパニーに入社。まもなく醸造家としてデビューし、オパス・ワンの醸造チームに選ばれました。1981年から4年間はヘッドとしてオパス・ワンの醸造責任者を務めました。1991年「ポール・ホッブス・ワイナリー」を設立。2002年ベクストファー・トゥー・カロン・カベルネ・ソーヴィニヨンでパーカー100点を獲得しました。

2000年12月に「 Connoisseurs’ Guide to California Wine(コノシュアーズ・ガイド)」において Winemaker of the Year に選ばれました。2004年には「The Quarterly Review of Wines(クオータリー・レヴュー)」において Most important winemaker in California に選ばれました。2013年にはアメリカ経済誌「Forbes」において The Steve Jobs of Wine(ワイン業界のスティーブ・ジョブズ)と名付けられました。まさにワイン業界のスーパースターです。

試飲は、ポール・ホッブス Paul Hobbs から13アイテム、ポール・ホッブスのセカンド的存在のクロスバーン Crossbarn から3アイテム、アルゼンチン(メンドーサ)で展開するヴィーニャ・コボス Vina Cobos から8アイテムです。

 Richard Dinner Vineyard
Cuvee Agustina Chardonnay
 試飲会72
 Katherine Lindsay Estate
Cuvee Agustina Pinot Noir
 試飲会73
 Nathan Coombs Estate
Cabernet Sauvignon
 試飲会74

まさに天才という言葉がふさわしいポール・ホッブス氏。彼が造るトップ・キュヴェは惚れ惚れする美味しさです。とにかくトータル・バランスが非常に素晴らしいです。画像は上から、愛娘オグスティナに捧げた最上級品のシャルドネ、祖母の名(リンゼイ)を付けた自社畑からの最上級品のピノ・ノワール、そして待望の新自社畑クームスヴィルからのカベルネ・ソーヴィニヨンです。セカンド的存在のクロスバーンはシャルドネ、ピノ・ノワール、カベルネ・ソーヴィニヨン。どれもコストパフォーマンスに優れた味わいです。そしてアルゼンチン(メンドーサ)はマルベックを中心としたラインナップです。低価格のフェリーノ、単一畑からのブラマーレ、最上級品のコボスです。アルゼンチンのマルベックのポテンシャルを引き出したポール・ホッブス氏。評論家のジェームス・サックリンはアルゼンチン産のワインとしては初めてとなる100点満点を2011年コボスに付けました。

ポールさんとは4度目のご対面です。「ポールさん、ご無沙汰です。」「おう!また会えたね。」「今年はジャイアンツ残念でした。」「仕方ないさ。」こんな感じで、今年のSFジャイアンツの話で盛り下がりました(笑)。今日はたくさんの方がフリーにテイスティングしてポールさんと会話しているので、私も短めの会話でしたが、恒例のツーショットはちゃんとゲットしました(喜)。。。

前回ご対面の様子はこちらから・・・

ブログ【ポール・ホッブス氏来日!(ポール・ホッブス)】(2013年6月12日)

 CIMG1889

 

 CIMG1890

 

 ポールさんと・・・  CIMG1892

 

N の下の方に・・・
NO!YANKEES GO!GIANTS
 CIMG1894

【やはりお味はグレートです!パーカー100点生産者のご存じポール・ホッブスです!】(2013年4月25日配信)

(上記ページのワインはほとんど売り切れております・・・)

 

コメントは受け付けていません。