2度目の日本入荷です・・・今最も注目を浴びる女性醸造家ビビアナ女史のオリジナルブランドです・・・カトレア

いつもお世話になります。例によって入荷の限られたワインですので、またまた早い者勝ち販売になってしまい申し訳ありません。(2020年4月28日配信

2度目の日本正規入荷です・・・

今最も注目を浴びる女性醸造家ビビアナ女史のオリジナルブランドです・・・

《 CATTLEYA カトレア 》

ソノマではシャルドネ&ピノ・ノワール造りの第一人者として今最も注目を浴びるビビアナ・ゴンザレス・レーブ女史のオリジナルブランド「カトレア Cattleya」です。

ビビアナ・ゴンザレス・レーヴはコロンビアのメデリン市生まれ(80~90年代は麻薬カルテルが蔓延する都市でした)。ワインは贅沢品で、年数回のお祝いの席で父のワイングラスから一口だけ味わったワインに感動。14歳にして「必ずワインメーカーになる」と決心しました。コロンビアで化学と国際ビジネスを学んだ後フランスへ旅立ちます。コニャックで栽培と醸造を学び、ボルドー大学で醸造学士を修得し卒業。ボルドーではシャトー・オー・ブリオン、ラ・ミッション・オー・ブリオン、ローヌではミシェル・エ・ステファン・オジェ、ドメーヌ・クリューゼル・ロック、そしてアルザスやブルゴーニュで研修しました。冬の身も凍るような葡萄樹の剪定、夏の炎天下での畑仕事、フランス語が堪能ではなくフランス人社会に溶け込むことは難しく、辛い思いも経験しましたが、プレミアムワインはたゆまぬ畑仕事から造られることを身をもって経験しました。残念ながらフランスを去り、ビビアナは南アフリカ、カリフォルニアへ渡ります。

2004年に初めてカリフォルニアを訪れたビビアナはその後南アフリカとカリフォルニアを収穫ごとに行き来しました。カリフォルニアではラ・クレマ、ペイ、オー・ボン・クリマ、キュペで研修を積み、リンマー・エステートで2009年から2012年までワインメーカーを務めました。そしてここからビビアナの大躍進が始まります。2012年パルメイヤーのソノマ・コーストにおける新ブランド「ウェイフェアラー」の立ち上げに参加。コンサルティング・ワインメーカーとして栽培と醸造に携わり、ウェイフェアラーをパーカー97+点を得るまでに磨き上げました。同時に自身のブランド「カトレア」を立ち上げ、一躍注目の醸造家となります。2014年ワイン・エンスージアスト誌が選ぶ「アメリカのテイストメーカー(ワインを味わいの面でリードする人)40歳以下の40人」に選出。2015年サンフランシスコ・クロニクル紙で「ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。このワインメーカー・オブ・ザ・イヤーは、モーガン・ピーターソン(ベッドロック)、ティーガン・パサラクア(ターリー)、マイケル・クルーズ(ウルトラマリン)など今をときめくワインメーカーが受賞しています。そしてナパ・ヴァレーのパルメイヤーでもワインメーカーとしてトップ・キュヴェのパルメイヤーやセカンド・キュヴェのジェイソンの醸造に携わりました。2018年パルメイヤーで収穫そして仕込みを終了後惜しまれて退任。2012年から少量ながら造り続けてきた「カトレア Cattleya」に専念することになりました。現在は廉価版「アルマ・デ・カトレア Alma de Cattleya」も生産しています。母国コロンビアの国花カトレアをエチケットに描きました。

カトレア1

ビビアナは、あのピゾーニ・ヴィンヤードのオーナーのゲーリー・ピゾーニの長男でワインメーカーのジェフ・ピゾーニと結婚。ビビアナとジェフには2人の息子ルーカスとディエゴが生れ、良きママでもあります。夫ジェフとは、コラボレーションワイン「シェアード・ノーツ Shared Notes」で素晴らしいソーヴィニヨン・ブランを造り出しています。まさに今お2人はピノ・ノワール造りの最強夫婦と言えます。

カトレア2

ビビアナ女史のオリジナルブランド「カトレア」は昨年7月に日本初入荷。2度目の入荷となる2018年ヴィンテージが入荷しました。数量限定品です。売り切れ御免です。

 Cattleya Chardonnay Cuvee No.5 Sonoma Coast
★カトレア シャルドネ キュヴェ・ナンバー・ファイヴ ソノマ・コースト 2018 ¥8,800 数量限定品

ソノマではシャルドネ&ピノ・ノワール造りの第一人者として今最も注目を浴びるビビアナ・ゴンザレス・レーブ女史のオリジナルブランド「カトレア」です。

広大なソノマの16のAVAの中でも特に特徴のあるソノマ・コースト。冷たい海の影響を受けた、秀逸な酸が落ちないエレガントさ、複雑な海洋性土壌に起因する硬さやミネラル感、十分に熟した力強い果実味を持つシャルドネが生れます。特徴ある数か所の冷たい霧が流れ込む地区の畑の葡萄をセレクトします。(セバストポール・ヒルズ、オクシデンタル、フリーストーン、フォート・ロス・シーヴュー他)。2018年はセバストポール・ヒルズグリーン・ヴァレーの2つの地区から。クローンは、オールド・ウエンテ・デイヴィス・セレクション、クローン4、76、78です。収穫は小さなブロックごとに。夜明け前にワイナリーに持ち込まれ、冷たいうちにバドラー・プレス(小型の垂直プレス)で優しく絞り、一晩中落ち着かせてからフランス産の樽で発酵。マロラクティック発酵。11ヶ月熟成(新樽約25%)。生産量は350ケースです。

2度目の入荷となった2018年シャルドネ・キュヴェ・ナンバー・ファイブも前回同様にクラシックなブルゴーニュタイプの樽発酵熟成した味わいに仕上がりました。ソノマ・コーストの冷たい海の影響を感じさせる綺麗な酸と、土壌に起因する石を思わせるミネラル感が生き生きと現れます。白桃。シトラス系のニュアンス。濡れた石のような鉱物的なミネラル感。旨味そして塩味を感じさせる長い余韻。キュヴェ・ナンバー・ファイブは、アペラシオンワインとして造り始めたピノ・ノワール(ルシアン・リヴァー・ヴァレー)をキュヴェ・ナンバー・ワンとして3番目に造ったワインですが、シャネル №5のように輝いて欲しいと命名したそうです。かつてシングル・ヴィンヤードのシャルドネは生産しましたが、アペラシオンワインのキュヴェ・ナンバー・ファイブは2017年が初のリリースです。

100%シャルドネ
ALC14,2%
輸入元定価¥9,350(税抜¥8,500)

200424_1241

 Cattleya Pinot Noir Cuvee No.1 Russian River Valley
★カトレア ピノ・ノワール キュヴェ・ナンバー・ワン ルシアン・リヴァー・ヴァレー 2018 ¥8,800 数量限定品

ソノマではシャルドネ&ピノ・ノワール造りの第一人者として今最も注目を浴びるビビアナ・ゴンザレス・レーブ女史のオリジナルブランド「カトレア」です。

ピノ・ノワールは前回同様に今回もルシアン・リヴァー・ヴァレーの中でも特に涼しいグリーン・ヴァレーの畑の葡萄から。昼夜の大きな寒暖差により葡萄はゆっくりと熟成するため、香りは凝縮し、口当たりは柔らかく、タンニンもヴェルヴェットのようにしなやかなピノ・ノワールが生れます。赤い果実と土っぽさの特徴が良く現れます。クローンは3種類で、50%がポマール、26%が115で、今回新たに24%の114が加わりました。区画ごと、クローンごとに収穫された葡萄は厳しい選果後、全て徐梗。10日間の低温マセラシオンを行った後、別々の小さな解放ステンレスタンクで発酵。やさしくゆっくりとした抽出を行うため、全て手作業でパンチダウン。23日間のアルコールを終え、フランス産の樽で熟成。約10ヶ月(新樽30%)。生産量は320ケースです。

2018年ピノ・ノワール・キュヴェ・ナンバー・ワンも前回同様にラズベリー、クランベリー、ストロベリー、チェリーなどの赤い果実が豊満に香ります。ソフトで非常に柔らかな口当たり。ヴェルヴェットのようにしなやかなタンニン。秀逸な酸が全体を引き締めます。しっかりとした果実の凝縮感と綺麗な酸が共存する、そしてそれらのバランスがとれた、涼しい地区のピノ・ノワールの特徴がピュアに表現されています。2014年から造り始めたアペラシオンワインにキュヴェ・ナンバー・ワンと名前を付けました。実際にはシングル・ヴィンヤードのワインのようですが、ルシアン・リヴァー・ヴァレーの特徴を表現するワインとしてキュヴェ・ナンバー・ワンを造り続けています。

100%ピノ・ノワール
ALC14,3%
輸入元定価¥9,350(税抜¥8,500)

200424_1238

【今最も注目される女性醸造家のオリジナルブランドが遂に日本入荷です・・・】(2019年7月23日配信)

2014年4月ビビアナさんはジェフ・ピゾーニ氏と一緒に来日されました・・・

【ジェフ・ピゾーニ氏来日!(ピゾーニ・ヴィンヤーズ)】(2014年4月10日)

カトレア3

先日もご紹介しましたが、こちらも限定入荷品です・・・

 Wayfarer Chardonnay Wayfarer Vineyard Fort Ross-Seaview
ウェイフェアラー シャルドネ ウェイフェアラー・ヴィンヤード フォート・ロス・シーヴュー 2017 ¥12,100 WA95 数量限定品
 Wayfarer Pinot Noir Wayfarer Vineyard Fort Ross-Seaview
ウェイフェアラー ピノ・ノワール ウェイフェアラー・ヴィンヤード フォート・ロス・シーヴュー 2016 ¥13,640 WA92 数量限定品

パルメイヤーの新プロジェクトとして誕生した「ウェイフェアラー」です。ヘレン・ターリーいわく「カリフォルニアのラ・ターシュとなる畑だ

ジェイソン・パルメイヤーはボルドースタイルのワイン造りを目指して「パルメイヤー」を設立。ワインメーカーに「ケイマス」を育て上げたランディ・ダンを迎え入れました。その後ワインメーカーにヘレン・ターリーを迎い入れ、シャルドネとメルローを造り始めました。1994年に公開されたマイケル・ダグラス、デミー・ムーア共演の映画「ディスクロージャー」でパルメイヤーのシャルドネがストーリーの展開を大きく左右する重要な小道具として使われ、パルメイヤーの名前は世界中に広がりました。

パルメイヤーの新プロジェクトとして2012年に誕生した、シャルドネとピノ・ノワールに特化したブランドが「ウェイフェアラー」です。ヘレン・ターリーのアドバイスでソノマ・コーストに購入した土地に、デビッド・エイブリューが植樹したのがウェイフェアラー・ヴィンヤードです。立ち上げから、あのピゾーニ・ヴィンヤーズのオーナーのゲーリー・ピゾーニの次男でワインメーカーを務めるジェフ・ピゾーニの妻であり、現在自身のブランド「カトレア」を運営するビビアナ・ゴンザレス・レーヴが栽培責任者として参加しました。(後に醸造も手掛けました。上記のシャルドネとピノ・ノワールはビビアナさんが手掛けたものです。)

トゥルー・ソノマ(真のソノマ)と言われるフォート・ロス・シーヴュー(ソノマ・コースト北部)に位置するウェイフェアラー・ヴィンヤード。ブルゴーニュ、アルザスと同じリジョンⅠに属します。クローンはディジョン・クローンとカリフォルニアのオールド・クローンを使用。シャルドネは徐梗せず、ピノ・ノワールは全徐梗。天然酵母で発酵。フレンチオークにて熟成。冷涼地の非常に秀逸な酸。そして強く抽出しない造りは非常にエレガントな味わい。

【希少限定入荷品です・・・売り切れ御免です・・・】(4月17日配信)

【クレオ・パルメイヤー女史来日!(パルメイヤー)】(2018年2月15日)

200323_1409

金額は税込価格(含消費税10%)です。クール代は送料とは別途ご請求になります。

 

この内容は、アドレスを頂戴した方にHP公開前にメールでお送りしています。ゆえにHP公開時にはすでに売切れのワインもございます。【チアーズ!カリフォルニアワイン】は、美味しいカリフォルニアワインをお送りしています。