2002 ナパ・ヴァレー オークション

2002年2月のカリフォルニア・ツアーの目的の1つは、毎年この月に行なわれる「プリミエール ナパ・ヴァレー オークション」に参加することでした。もちろん初体験でした(とにかく1度参加したかったんです)。

会場はナパの北部、セントヘレナにあるカリナリー・インスティテュートです。この会館(大きいです!)は料理とワインための学校なのですが、ここに120以上のワイナリーのオーナーやワインメーカーが集まり、国内外のレストラン関係者や輸入業者・販売店を対象にオークションが行なわれます。

午前中は試飲会場にて実際に試飲。オーナーやワインメーカーの方が樽出しのワインをグラスに注いでくれます。ワインを飲みながらその方達と直接お話ができます。こんな機会はそうあるもんじゃありません。

とても全部はまわりきれませんので(飲みきれません!笑!)、前日までに参加ワイナリーの出展位置を下調べして、レッツ・ゴー!

真っ先にハーラン!次ぎはルイスオークフォードをダッシュでまわる~!
カーディナル、ジョセフ・フェルプス、モンダビ、スポッツウッド、シェイファー、リヴィングストーン、アタロン、パラダックス、ハリソン、ケイン、メリーヴェル、サン・クレメント、フォン・ストラッサー、パラダイム、ロング・メドウ・ランチ、ロバート・クレイグ、ダックホーン、コリソン、クロ・デュ・ヴァル、シャペレ、チャールズ・クリュッグ、コンスタント、パイン・リッジ、シルバー・オーク、スタッグス・リープ、ニーバム・コッポラ、プランプジャック、ベリンジャー、ロコヤ、セインツベリー、ドメーヌ・シャンドンなどなど(順番覚えていません)。

ナパでお世話になった方々に挨拶しながら会場をひたすら回りました。こんなに興奮してワインを飲んだことありません。ワインが体中をまわる(笑えない)!

佳代子様ご指名のアリエッタではワインメーカーのジョン・コングスガードさんとお話ができ、本人もご満悦。ついでに記念写真も!最後にフロッグス・リープのミンディとリサに再会のご挨拶。オーナーのジョン・ウイリアムズさんはこの年のチェアーマン(大会委員長)で大忙し。(チェアーマンのワインは1番最初に取引され、ご祝儀価格でも大人気。この時のフロッグス・リープのシラーは10ケースで7000ドルで落札。)

お昼は世界各国から料理の勉強に来ているこの会館の実習生の方々がサービス。 この時間ももちろんワイン飲めます!またまたハーラン見っけ(まだ飲む!)。

そしていよいよオークション!購入単位は、ワイナリーによって5ケース、10ケース、20ケースと異なります。人気者のオークショナーの凄まじい身振り手振りのうちに値段はどんどんつりあがり、そして落札(YOU WIN)!

去年私が御一緒させていただいたメンバーは、日本のワイン専門店の草分け的存在「神戸の今井商店」さん、関西のみならず全国にファンを持つ「大坂のワッシーズ」さん、桑田選手を始め読売ジャイアンツ御用達?の「宮崎のパリ16区」さん、そして関東からは恵比寿ガーデンプレイスにある「パーティー」さんの社長自らが参加していました。こんな恐れ多い人達のなかに山城屋が……

そしてこの一行が落札したワインで山城屋の販売分は下記のワインです!(今回の御紹介は昨年3月に先行販売しました残りの分だけになります・・・)ラベルは統一されたオークション・ラベルになっています。

そのワインがやっと日本に着きましたー!
(オークフォードだけ届いていません・・・もう暫くお待ちください)

★サン・クレメント カベルネ 2000 ¥16,500

このオークションのためにだけ生産5ケースのみ!  幻のカルトワイン「グレース・ファミリー」のお隣りワイナリー で、カベルネ造りには定評のあるワイナリーです

★ロバート・モンダビ トゥ・カロン カベルネ 2000 ¥26,000

このオークションのためにだけ生産20ケースのみ! モンダビ最高の単一畑「トゥ・カロン」! 97年初リリースはP94+点 現在日本では入手不可能です

★オークフォード カベルネ 2000 ¥24,800

このオークションのためにだけ生産5ケースのみ! あのハイジ・バレットさんがワインメーカーをしていた時も・・・ CALのカベルネらしいカベルネ! 個人的に大ファン!

★ハーラン・エステイト カベルネ 2000 ¥120,000

このオークションのためにだけ生産5ケースのみ! 今回の最高落札額で35000ドル! スタンディング・オべーション! カルトという言葉はハーランから始まった!
(ハーランのワイナリーでおかかえシェフのランチを戴きながらハーランを 飲んだ事は今でも夢のようです・・・)

なお、価格は先行販売時とは違います! (ご予約いただいた方ご安心を!)

その他オークション・ラベルの在庫は……

★パラダイム ジンファンデル 98 ¥18,000

こちらもハイジ・バレットがワインメークしています

★メリーヴェル プロファイル 97 ¥10,000

メリーヴェル最上級品のメリテージュ(ボルドーブレンド)

★フロッグス・リープ カベルネ 98 ¥10,000
★フロッグス・リープ カベルネ 98 マグナム ¥20,000

州政府公認のオーガニック・ファーム「シャベズ・リード」の葡萄
ジョン・ウイリアムズ氏のサイン入り! (ラベル添付)

ということで・・・

そのフロッグス・リープのオーナー、ジョン・ウイリアムズ氏が日本に来ています。
一昨日、昨日とお会いすることができました。

ワインの仕込みが一段落して、髪が伸びっぱなしのジョンさんでしたが、ラスト・サムライのトム・クルーズみたいでカッコイイ感じでした。いいえ!トム・クルーズよりぜんぜんカッコイイです!

9日(火)はリコス麻布にて、販売店やレストラン関係者を対象にセミナー・ランチが開かれました。少し早めに到着した私は、やはり早めに到着したジョンさんと1年半ぶりのご対面。またメジャー・リーグ、サンフランシスコ・ジャイアンツの話で盛り上がってしまいました。早く来てよかったぁ~!

テーマは「高品質ワイン」。新樽をふんだんに使った、フレーヴァーの強い、凝縮したワインが、そしてとんでもない価格のワインが果たして高品質ワインなのでしょうか?ワインメーカーの名前が前面に出たり、パーカー氏が高得点を付けたビックでパワフルなワインが高品質ワインなのでしょうか?ジョンさんの答えは「そんなワインはboring!(つまらない!)」。

「太陽から土壌に送られたエネルギーが土中の微生物に伝わり、その微生物が今度は葡萄の木にエネルギーを伝え、その葡萄を1年間見守ってあげること。それらの生命体に敬意を払い、伝統的な手法で醸造を行なう。そういうワインにこそ我々は感謝と喜びを得ることができる。そしてその感動はまた土に戻る。それが私の高品質ワイン。」

う~ん!いかにもオーガニック&バイオダイナミクスの第一人者のジョンさんらしいお言葉でした。感動~!しながらワインいただきました。

10日(水)は代官山シンポジオンで、二胡の奏者シュウミンさんを招いて「カリフォルニア・ワイン&二胡」のパーティが行なわれました。

シュウミンさんは中国の伝統楽器「二胡」の奏者として現在日本で大活躍。 人間の声に最も近いと言われる二胡。生で聞くその音色は安らぎや何か懐かしさを与えてくれる素晴らしいものでした。

そしてワインはもちろんフロッグス・リープ。ジョンさんはスペシャル・ワインのラザフォード99年のマグナム・ボトルを皆さんに注ぎながら終始笑顔!

この日は私の妻も参加。ジョンさんに「コール・ミー・ジョン!って言っていいよ!」って私に言ったの憶えてる?と迫る妻にジョンさんもタジタジでした(笑)。

そして余興としてメイク・ア・ウイッシュに募金するための、恒例のサイレント・オークションが行なわれました。ジョンさんが持ってきてくれたのは、なんと93年カベルネ・ナパ ダブル・マグナム エッチング・ボトルです!

また意地を張って見事(笑!)私が落札させていただきました。値段は秘密です(聞きたい方は携帯にお電話ください!)。

オークションに一緒に参加されたみなさま、ありがとうございました。3時間あまりのパーティでしたが、とても楽しい時間でした。ありがとー!ジョン!また会おうネ!