3度目のリリースです・・・葡萄の出所が変わりました・・・神秘的な注目の畑から・・・ピルクロウ

いつもお世話になります。例によって入荷の限られたワインですので、またまた早い者勝ち販売になってしまい申し訳ありません。(2019年11月5日配信

3度目のリリースです・・・葡萄の出所が変わりました・・・神秘的な注目の畑から・・・

日本入荷は極々僅かな数量です・・・売り切れ御免です・・・

≪ PILCROW WINE ピルクロウ ≫

ナパ・ヴァレー4大マウンテンの1つ、マウント・ヴィーダーの特徴的な畑から誕生した「ピルクロウ」です。

2つの山脈に囲まれたナパ・ヴァレー。東のヴァカ・マウンテンには AVA ハウエル・マウンテンがあり、西のマヤカマス・マウンテンには AVA ダイアモンド・マウンテン、AVA スプリング・マウンテン、そして AVA マウント・ヴィーダーがあります。この4大マウンテンの1つであるマウント・ヴィーダーは古代の海底にあった島が押し上げられて山になった地区です。土壌はナパ・ヴァレーに多く見られる火山性土壌です。気候はサン・パブロ湾の冷却効果の恩恵を受け、涼しい風が吹き抜けます。霧の上の急斜面は浅い表土と水分保持が最小限で、葡萄は凝縮し強い風味のある小さな果実となります。ゆえに出来上がるワインはしっかりとした骨格のある、長期熟成タイプのワインです。マウント・ヴィーダーは温暖と冷風によりナパ・ヴァレーでも最長の栽培期間を持ち、概してナパ・ヴァレーでは一番収穫の遅い地区です。マウント・ヴィーダーの生産量はナパ・ヴァレー全体の僅か1,5%未満です。

マウント・ヴィーダーでの最初のワインは、1864年にキャプテン・ステラムによって造られたと言われています。ナパ・ヴァレーでも特に移民の入植者が多かったのがマウント・ヴィーダーです。1870年代にドイツ人がこの地を開墾し、葡萄畑を造り上げました。そのうちの1つは、ドナルド・ヘスが1989年に設立したヘス・コレクションの畑となっています。また1889年にはあのパリスの審判のメンバーだったマヤカマス・ヴィンヤーズの前身となるワイナリーが設立されています。1940年代に造られた醸造所を買い取ったボブ・トラバースによって1968年マヤカマス・ヴィンヤーズは再出発しました。1973年にはマウント・ヴィーダー・ワイナリーが誕生し、後にマウント・ヴィーダーの名前はこの地の AVA 名となりました。その他この地の葡萄から極上のワインを造り出しているのは、パーカー100点獲得のロコヤ、歴史ある畑から極上のワインを造り上げているピーター・フラヌス、クヴェゾンから独立したブランドとなったブランドリンなどがあります。

1500250771074

ピルクロウ」は、マウント・ヴィーダー北部のピム・ラエ・ヴィンヤードの葡萄から造られました。ピム・ラエに最初に葡萄が植えられたのはウォール・ロードの端にあったヴィラ・ソリソ・エステートで、1990年にロビン・ウイリアムスによって植えられました。ピルクロウは一昨年ご紹介の2014年がファースト・リリースです。ピルクロウを造り上げたのはサラ・ビア女史です。彼女は20年に亘りナパ・ヴァレーのアイコン・ワイナリーで経験を積み、間近にはダックホーンのセールスチームで働いていました。フロッグス・リープのジョン・ウイリアムスやヴィンヤード29のキース・エマーソンを師と仰ぎ、ナパ・ヴァレーのヒルサイドに点在するトップワイナリー、例えばマヤカマス、ダイアモンド・クリーク、ダンなどを目標にしています。60年代に始まり、70~80年代の先駆者達が造り上げてきた、(カルトではない伝統的な)ナパ・カベルネに敬意を表し、見事に長期熟成するカベルネにフォーカスしたワイン造りを実践しています。ワインに関わる多くの友人と師匠が彼女に影響を与え、手助けとなり、彼女は夫のジョナ・ビア(フロッグス・リープの社長)と共に、自身のプレミアム・ブティック・ワイナリーをスタートさせました。

15107483_1673520899627545_5094147877855250513_n

3度目のリリースとなる2016年が入荷しました・・・葡萄の出所が変わりました・・・神秘的な注目の畑から・・・

 Pilcrow Cabernet Sauvignon Ghost Block Vineyard Napa Valley
★ピルクロウ カベルネ・ソーヴィニヨン ゴースト・ブロック・ヴィンヤード ナパ・ヴァレー 2016 ¥18,036 数量限定品

2014年がファースト・ヴィンテージとなる「ピルクロウ」。2014年と2015年はマウント・ヴィーダーの特徴的な畑ピム・ラエ・ヴィンヤードの葡萄から造られましたが、3ヴィンテージ目の2016年はナパ・ヴァレーのヨントヴィル地区の注目の畑ゴースト・ブロック・ヴィンヤードの葡萄から造れました。

ナパ・ヴァレー南部に位置するヨントヴィル地区。ジョージ・ヨーントはナパに定住した最初の白人で、ナパに最初に葡萄を植え、1847年にナパで最初にワインを作った人物です。ヨントヴィルの名前はこのジョージ・ヨーントに由来します。ゴースト・ブロック・ヴィンヤードはヨントヴィル地区の北端に、ヨントヴィル・クロスロードを超えた29号線沿いの内側(東側)に位置します。このゴースト・ブロック・ヴィンヤードのすぐそばに、150年前から眠りにつくナパのパイオニアのワインメーカー達の墓地があります。ジョージ・ヨーントの墓もここにあり、ジョージ・ヨーントの亡霊がさまよっているとか(笑?)。この地に眠る先人に敬意を表して、ゴースト・ブロックと名付けられました。ゴースト・ブロック・ヴィンヤードのオーナーは自らワインを造り出しています。「ゴースト・ブロック・ワインズ」です。2008年サンフランシスコ・クロニクル紙で、レヴィ―&マクレラン、リヴァイアサン、フトーなどと共に “次世代カルトワイン” として高く評価されました。

ゴースト・ブロック・ヴィンヤードは、800年前に大きな地滑りによってヴァカ山脈が崩落し、いくつかある頂上だった部分の1つが滑り落ちて出来た丘です。一歩につき一万年くらい違う土壌が続くようです。ゴースト・ブロック・ヴィンヤードの隣の畑をレイル・ヴィンヤードとドミナス・エステートが使っています(29号線西側のナパヌック・ヴィンヤードです)。その畑は平地ですが、ゴースト・ブロック・ヴィンヤードは山裾で、ゴースト・ブロックのワインはヨントヴィルのマウンテン・ワインと言えます。土壌も古い火山岩地層と新しい地層(と言っても何百年も前)が混ざり合う非常に複雑な土壌で、ナパの中でもこれだけ複雑な土壌を持つ畑はここだけと言えるくらい珍しい畑です。葡萄樹は1982年と1985年に植樹。樹齢は30年を超えました。7haのうちの4列をピルクロウが使いました(残りは全てゴースト・ブロックのオーナーがエステートワインを造ります)。

サラ・ビア女史はゴースト・ブロック・ヴィンヤードのオーナーと一緒にオーナーが造るワイン(ゴースト・ブロック・ワインズ)とピルクロウを飲み比べました。オーナーもピルクロウの素晴らしさを認めたようです。本家ゴースト・ブロックはいわゆる濃厚でジューシーな果実味のザ・カリフォルニア的なワインで、ピルクロウはボルドーを彷彿させるエレガントなワインであった、とか。サラ・ビア女史が目指すワインは、ナパの1950年から1960年代に近いワイン。そして Feminine で quiet でトラディショナルなワインです。

「ゴースト・ブロック・ヴィンヤードはユニコーンの伝説のような、谷底に位置する“山”の葡萄畑です。ゴースト・ブロックの古い葡萄の樹はヨントヴィルの丘の脇にあり、そこはかつてスタッグス・リープ地区のヴァカ山脈の高地にあった山頂です。約1千年前の地殻変動でヴァカ山脈の一部が崩れ、山頂部分は西に投げ出されました。この巨大な地滑りがヨントヴィルの山頂を再配置し、側面にはめったに露出されないナパ第三紀火山の特徴的な垂直層が現れました。ゴースト・ブロック・カベルネ・ソーヴィニョンは、ビロードのようになめらかでやわらかいタンニンと緊張感のある快活な酸味による構成でその土壌を表現します。谷間の涼しい朝の影響で、この品種の特徴であるブラックベリーやカシスの他に微かの緑茶やバラの花びらを感じます。全ては古き良きナパの優雅さに包まれています。(サラ・ビア女史)」

デカンターで96点獲得。日本入荷は僅か60本です。

100%カベルネ・ソーヴィニョン
フレンチオーク(25%新樽)にて22ヶ月熟成
ALC13,4% アンフィルター
生産量141ケース(6本入)
輸入元定価¥19,800(税抜¥18,000)

※ゴースト・ブロック・ワインズのフラッグシップであるゴースト・ブロック・ヴィンヤード・カベルネ・ソーヴィニョンも極々少量日本に入荷しています。ちなみに、2016年は99%カベルネ・ソーヴィニョン、1%プティ・ヴェルドで、フレンチオーク(80%新樽)にて24ヶ月熟成です。生産量は2,020ケース(6本入)。ピルクロウと飲み比べてみたいですが、残念ながら2016年の入荷はなさそうです。

 191101_1158

こちらもどうぞ・・・

 Pilcrow Cabernet Sauvignon Pym Rae Vineyard Mt. Veeder Napa Valley
★ピルクロウ カベルネ・ソーヴィニヨン ピエ・ラエ・ヴィンヤード マウント・ヴィーダー ナパ・ヴァレー 2015 ¥18,370 残少
 Pilcrow Cabernet Sauvignon Pym Rae Vineyard Mt. Veeder Napa Valley

★ピルクロウ カベルネ・ソーヴィニヨン ピエ・ラエ・ヴィンヤード マウント・ヴィーダー ナパ・ヴァレー 2014 ¥18,370 ファースト・ヴィンテージ 残少

フロッグス・リープの社長ジョナ・ビアの奥様のサラ・ビア女史が造り出した「ピルクロウ」です。

ナパ・ヴァレーのヒルサイドに点在するトップワイナリー、例えばマヤカマス、ダイアモンド・クリーク、ダンなどを目標に、60年代に始まり、70~80年代の先駆者達が造り上げてきた、(カルトではない伝統的な)ナパ・ヴァレーのカベルネ・ソーヴィニヨンを造り上げようとしています。ピルクロウはナパ4大マウンテンの1つ、マウント・ヴィーダーの特徴的な畑から。2014年がファーストヴィンテージで、生産量は僅か203ケースでした。2015年はなんと僅か82ケースの生産です。日本入荷は極々少量です。

【昨年の夏にファースト・ヴィンテージをご紹介しました・・・セカンド・ヴィンテージが到着です・・・】(2018年9月25日配信)

170803_2024

ゴースト・ブロックの畑(手前)とこの地の複雑な地層の断面です。赤い地層と白い地層では200万年の差があります。ナパ・ヴァレーでも非常に珍しい畑とのことです。
ゴースト・ブロック

そしてサラさんの師匠のワインもどうぞ・・・

 Frog’s Leap Estate Grown Cabernet Sauvignon Rutherford Napa Valley
★フロッグス・リープ エステート・グロウン カベルネ・ソーヴィニヨン ラザフォード ナパ・ヴァレー 2016 ¥11,440 最新ヴィンテージ 数量限定品
 Frog’s Leap Estate Grown Cabernet Sauvignon Rutherford Napa Valley
★フロッグス・リープ エステート・グロウン カベルネ・ソーヴィニヨン ラザフォード ナパ・ヴァレー 2015 ¥9,240 残少
 Frog’s Leap Estate Grown Cabernet Sauvignon Rutherford Napa Valley
★フロッグス・リープ エステート・グロウン カベルネ・ソーヴィニヨン ラザフォード ナパ・ヴァレー 2014 ¥9,240 残少
 Frog’s Leap Estate Grown Cabernet Sauvignon Rutherford Napa Valley

★フロッグス・リープ エステート・グロウン カベルネ・ソーヴィニヨン ラザフォード ナパ・ヴァレー 2013 ¥8.580 売り切れ
 Frog’s Leap Estate Grown Cabernet Sauvignon Rutherford Napa Valley

★フロッグス・リープ エステート・グロウン カベルネ・ソーヴィニヨン ラザフォード ナパ・ヴァレー 2012 ¥8,580 ファースト・ヴィンテージ 売り切れ

2011年をもって、ナパ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨンと、フラッグシップのラザフォード・レッドは生産終了となりました。そして新たに誕生したのがエステート・グロウン・カベルネ・ソーヴィニヨンです。エステート・グロウン・カベルネ・ソーヴィニヨンは、フロッグス・リープが2007年に取得した歴史的な畑(1886年植樹)ロッシ・ヴィンヤードと、ワイナリーの前に広がるレッドバーン・エステートのブレンドです。

ジョンさんが創業時からゴールに掲げていた、ジョンさんの思いの全てが詰まったワインです。ラザフォードの偉大なる先人、ジョン・ダニエル、ジョージ・ドゥ・ラトゥール、アンドレ・チェリチェフらが造り出したカベルネ・ソーヴィニヨンを受け継ぐワインです。美味です。この先何十年も飲む楽しみを与えてくれる、長期熟成するワインです。最新ヴィンテージの2016年はパーフェクトと言っても良いヴィンテージとなりました

【またまた溺愛ワイナリーから・・・もうすぐ創業40年ですが、いろいろとチャレンジし続けています・・・】(10月22日配信)

190709_1119

金額は税込価格(含消費税10%)です。クール代は送料とは別途ご請求になります。

この内容は、アドレスを頂戴した方にHP公開前にメールでお送りしています。ゆえにHP公開時にはすでに売切れのワインもございます。【チアーズ!カリフォルニアワイン】は、美味しいカリフォルニアワインをお送りしています。