ご存じカリフォルニア唯一の日本人ワインメーカーのアキコさんが造る「フリーマン」から新アイテムが入荷しました・・・フリーマン

いつもお世話になります。例によって入荷の限られたワインですので、またまた早い者勝ち販売になってしまい申し訳ありません。(2017年11月16日配信

昨年春から販売を開始したアキコさんのワインです・・・

新アイテムが入荷しました・・・

《 FREEMAN WINERY & VINEYARDS フリーマン 》

カリフォルニア唯一の日本人女性ワインメーカー、アキコ・フリーマンさんが造る「フリーマン」です。

 Freeman

アキコ・フリーマンさんは東京生まれの東京育ち。大学1年の時に交換留学生としてニューヨークへ渡ります。専攻は美術史で、イタリア・ルネッサンスを専門としていたアキコさんはさらなる学問習得のため西海岸の名門スタンフォード大学の大学院に進みました。夫であり、ワイナリーの共同経営者であるケン・フリーマンさんとはニューヨーク時代に出会いました。ケンさんと結婚後は、彼の転勤に連れ添い、香港、シンガポール、インドネシアなどアジア諸国で4年間生活しました。

アキコさんのお父様は大のブルゴーニュワイン好きだったようで、アキコさんも幼少の頃からワインを嗜んでいたとか。ケンさんもアキコさんとお付き合いを始めてからどんどんワインの世界に引き込まれていきました。帰国後2人は北カリフォルニアに住まいを構え、自分達のワイナリーを持ち、自分達でピノ・ノワールを造る決心をしました。

北はメンドシーノ近郊、南はサンタ・バーバラまで、ピノ・ノワールに適した土地を探し求めること数年。なかなか理想的な場所に出会えなかったのですが、最後に出会ったのがソノマ、セバストポールの4エーカーの畑と古い納屋でした。

「繊細なワインを好むワイン愛好家であったケンと私は、今から約20年前ワインと食との密接なつながりを持ち、エレガンスとバランスを備えたブルゴーニュのようなワインをアメリカで造りたいと考え、2001年にワイナリーを設立しました。(アキコ・フリーマン)」

2001年ケン&アキコ・フリーマン夫妻は「フリーマン」を設立。古い納屋はワイナリーに改装し、納屋のうしろの丘にカーヴを造りました。2002年ヴィンテージがファースト・ヴィンテージです(2004年リリース)。

フリーマンのワインを語る上で欠かせない人物がエド・カーツマン氏です。テスタロッサ時代から彼が造るピノ・ノワールに惹かれていたケン&アキコ夫妻。ちょうどエド・カーツマンがテスタロッサを去ったという情報を得た2人はすぐにエド・カーツマンにコンタクトを取りました。ピノ・ノワール生産者として高い信頼を集めるエド・カーツマンがフリーマンに来ました。(現在は、エド・カーツマンは醸造コンサルタントとしてフリーマンに残り、アキコさんが醸造責任者を務めています。)

フリーマンが造り出してきたのは、ソノマ・コーストルシアン・リヴァー・ヴァレーのピノ・ノワール。厳選された買い付け葡萄から、それぞれの地域性が出た、その土地らしいワインを造り上げてきました。立ち上げ数年で、”世界ベスト30ピノ(ワイン&フード誌)”、”カリフォルニア優良ピノ30(ワイン・スペクテーター誌)”、など高い評価も受けました。そして、2005年にはワイナリーに隣接する場所に待望の自社畑を購入。グロリア・エステートです。自社畑葡萄からのエステートワインも誕生し、今後ますます注目されるフリーマンです。

また、2015年4月には安倍晋三首相を招いて行われたバラク・オバマ大統領のホワイトハウス公式晩餐会でフリーマンのシャルドネ(2013年涼風)がサーブされ大きな話題となったのは記憶に新しいと思います。

そのフリーマンから新アイテムが入荷しました・・・

 Freeman Pinot Noir Sonoma Coast
★フリーマン ピノ・ノワール ソノマ・コースト 2014 ¥7,776

2014年は干ばつ3年目の年ではありますが、ソノマ・コーストのピノ・ノワールにとって3年連続の優良な年となりました。暖かく乾燥した冬は葡萄の目覚めを早くさせました。涼しい春は低収量を予期させましたが、フリーマンが使用するソノマ・コーストの畑はダメージもなく、またきらびやかな夏は過去の収穫の中で最も早い収穫をもたらしました。

2014年ソノマ・コースト・ピノ・ノワールは3つの畑の葡萄から構成されました。この2014年の主体となるのがセバストポール・ヒルズに位置する Rayhill レイヒルです。クローンは 115 と 777 です。そしてソノマ・カウンティの北西部に位置する Campbell Ranch キャンベル・ランチの 777 です。キャンベル・ランチからは5度目のヴィンテージになり、常にソノマ・コーストの信頼できる間違いのないキャラクターを与えてくれます。 最後にフリーマンの自社畑である Yu-ki Estate ユウキです。ユウキは植樹7年以上経過し、そのポテンシャルが現れ出しました。クローンは 114、667、828 などです。

深みのあるルビー色。印象的なブラックベリー、タバコの香り。アジアン・スパイスも。濃縮した綺麗な果実味。なめらかなタンニンと心地良い酸。ソノマ・コーストらしいリッチさとシルキーさを持ち、そこにアーシーな風味も加わります。2017年から2013年まで熟成可能の予想。

100%ピノ・ノワール
(46% Rayhill, 29% Campbell, 25% Yu-ki Estate
オープントップ容器で5日間の低温浸漬
1日1~3回の手によるパンチダウン
フリーランとプレスワインを分けて発酵
フレンチオークで11ヶ月熟成
(22%新樽、27%1年使用、36%2年使用、15%3年使用)
ALC14,1% レギュラーボトル(750ml)は1,002ケース
輸入元定価¥8,316(税抜¥7,700)

 171109_1434

こちらもどうぞ・・・

 Freeman Ryo-fu Chardonnay Russian River Valley
★フリーマン 涼風 シャルドネ ルシアン・リヴァー・ヴァレー 2015 ¥7,344

2015年4月安倍晋三首相を招いて行われたバラク・オバマ大統領のホワイトハウス公式晩餐会でサーブされた涼風シャルドネです。(晩餐会でサーブされたのは2013年です・・・)

涼風シャルドネは太平洋からルシアン・リヴァー・ヴァレーに向けて吹き込む冷たい”そよ風”に由来して名付けられました。2015年涼風シャルドネは、例年通り Heintz Ranch ハインツ・ランチ Keefer Ranch キーファー・ランチ の葡萄が主体です。

詳しくはこちらからどうぞ・・・

週末の有料試飲【フリーマン 涼風 シャルドネ ルシアン・リヴァー・ヴァレー 2015】(8月4日、5日)

 170722_1806

 Freeman Pinot Noir Rusian River Valley
★フリーマン ピノ・ノワール ルシアン・リヴァー・ヴァレー 2014 ¥7,776
 Freeman Pinot Noir Rusian River Valley
★フリーマン ピノ・ノワール ルシアン・リヴァー・ヴァレー 2013 ¥7,776 残少

 Freeman Akiko’s Cuvee Pinot Noir Sonoma Coast
★フリーマン アキコズ・キュヴェ ピノ・ノワール ソノマ・コースト 2014 ¥11,772

2014年のルシアン・リヴァー・ヴァレー・ピノ・ノワールは前年に続きフリーマンの自社畑 Gloria Estate グロリアの葡萄をメインとした3度目のヴィンテージです。畑に植えられている5つのクローン全て(Calera, Pommard, Martini, Swan, Dijon 115)が使用されています。

そして、フリーマンのフラッグシップのアキコズ・キュヴェ・ピノ・ノワールです。2014年のアキコズ・キュヴェ・ピノ・ノワールは初めてフリーマンが所有する2つのエステート、Gloria Estate グロリアYu-ki Estate ユウキの葡萄が主力となりました。グロリアからは5つのクローンのうちの4つ、ユウキからは5つのクローン全てが使われました。共に 1/3 を占めます。

詳しくはこちらからどうぞ・・・

【2度目のご紹介になります・・・新ヴィンテージが入荷しました・・・】(2月21日配信)

 170214_1815

【遂に販売開始です!カリフォルニア唯一の日本人女性ワインメーカーのアキコさんが造る「フリーマン」です!】(2016年3月15日配信)

Freeman Winery

ルシアン・リヴァー・ヴァレーと言えば・・・

 Alysian Allen-Rochioli Blocks Rochioli Vineyard Pinot Noir Russian River Valley
★アリシアン アレン・ロキオリ・ブロックス ロキオリ・ヴィンヤード ピノ・ノワール ルシアン・リヴァー・ヴァレー 2011 ¥9,720 残少
 Alysian Rochioli Vineyard Pinot Noir Russian River Valley
★アリシアン ロキオリ・ヴィンヤード ピノ・ノワール ルシアン・リヴァー・ヴァレー 2012 ¥9,720 残少

全米ワイナリー・オブ・ザ・イヤーは10度以上の受賞。まさにソノマ№1の伝説のワインメーカーで、ロキオリでワインメーカーを務めたのがゲリー・ファレル。ゲリー・ファレル・ワイナリー売却後に設立した「アリシアン」ですが、ゲリー・ファレルは残念ながら2012年で引退し、アリシアンも売却しました。

ゲリー・ファレルは1982年「ゲリー・ファレル」を設立。初のワインは、アレンとロキオリのピノ・ノワールでした。アレン・ロキオリはまさに彼のためにあるワインです。ゲリー・ファレルが最後に手掛けたその幻のワインが日本入荷です。これが最後です。これを逃したら2度と手に入れられることはないと思います。

【ある意味これが最後です・・・ソノマ伝説の醸造家ゲリー・ファレル最後のワインです・・・】(4月6日配信)

 170404_1725

 Rochioli Estate Chardonnay Russian River Valley
★ロキオリ エステート シャルドネ ルシアン・リヴァー・ヴァレー 2015 ¥7,776 WS90 WE91
 Rochioli Estate Pinot Noir Russian River Valley
★ロキオリ エステート ピノ・ノワール ルシアン・リヴァー・ヴァレー 2015 ¥10,152

 J.Rochioli Sweetwater Vineyard Pinot Noir Russian River Valley
★J・ロキオリ スィートウォーター・ヴィンヤード ピノ・ノワール ルシアン・リヴァー・ヴァレー 2015 ¥17,820
 J.Rochioli Little Hill Vineyard Pinot Noir Russian River Valley
★J・ロキオリ リトル・ヒル・ヴィンヤード ピノ・ノワール ルシアン・リヴァー・ヴァレー 2015 ¥17,820

ソノマのルシアン・リヴァー・ヴァレーのパイオニアの「ロキオリ」です。カリフォルニアを代表する超一流のグロワーであり、ワイナリーでもあります。このロキオリでワインメーカーを務めたのが同じく3月に入荷した「アリシアン」のゲリー・ファレルです。

1ヴィンテージ飛びましたが、2015年エステートが入荷です。そして待望の希少単一畑ピノ・ノワールが日本正規入荷しました。(ロキオリの輸入元が変わりました・・・)現地でも入手困難な単一畑ピノ・ノワールです。

【これを飲まずしてルシアン・リヴァー・ヴァレーを語ることなかれ・・・】(3月23日配信)

 170325_1754

金額は税込価格(含消費税8%)です。クール代は送料とは別途ご請求になります。

この内容は、アドレスを頂戴した方にHP公開前にメールでお送りしています。ゆえにHP公開時にはすでに売切れのワインもございます。【チアーズ!カリフォルニアワイン】は、美味しいカリフォルニアワインをお送りしています。